リフレのブルーベリー&ルテインと一緒に使って良かったものはコレ!

リフレのブルーベリー&ルテインが効かないと感じたら

効かないイメージ

 

今でこそリフレのブルーベリー&ルテインのおかげで、目の疲労感が改善され、サクサクとパソコン作業ができるようになった私ですが、飲み始めた頃は不安がいっぱいでした。

 

このサプリメントを飲んでいても、パソコンやスマホを1日15時間以上使う生活が変わるわけではありません。

 

毎日飲むことで少しずつ目の疲労は改善されていきましたが、何というかスッキリしない、モヤモヤする日も多かったと思います。

 

しかし、そんな生活の中で急激に目が楽になったきっかけがありました。
リフレのブルーベリー&ルテインを始めて2週間が終わろうとしていたある日、試しに今回紹介するグッズを使ってみたのです。

 

なんということでしょう!

 

そのグッズを使い始めてから目がかなり楽になり、今日は朝からずっとパソコンを眺めていることができます。
※1時間に5〜10分程度は目を休めるようにしましょう。

 

あなたにも合うかは分かりません。
が、もしまだ試したことがないならチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 

これからリフレのブルーベリー&ルテインを飲み始める人にも、既に飲んでいる人にもオススメのグッズです。

 

あずきのチカラ目もと用

 

私が使ったのは「あずきのチカラ目もと用」というグッズ。

 

あずきのチカラ目もと用

 

これは
電子レンジで温めてから、アイマスクのように目の上にのせるだけの楽々グッズ。
中に入っているのは商品名の通り「あずき」です。

 

あずきは水分を多く含んでいるので、レンジで温めると10分程度ホカホカした状態が続きます。

 

これが気持ちイイ!

 

目の周囲を温めることで、安らぐようなサラサラ流れるような、とてもいい気持ちになれるグッズです。

 

あずき様様です。

 

あずき

 

商品説明には5分と書かれていますが、気持ちよくて5分では物足りず10分くらい目の上にのせたままにしていました。

 

使い終わった後の感想は、

 

スッキリ!

 

急激に目の元気がよみがえったような気分。
少し頭もスッキリしたような感じさえします。

 

すでにリフレのブルーベリー&ルテインを飲むことで目に栄養補給をしていたからかもしれませんが、目の周りがスッキリし、また仕事に復帰できました。

 

まるで
朝のような爽快感でした。

 

爽快感

 

恐らくですが、目の周りに溜まっていたものがサラサラ〜と流れていったのではないかと思います。目の周囲を温めたことで血行が良くなった感じです。

 

せっかくサプリメントを飲んでいても、その栄養が目に届かなければ意味がないですよね。

 

余分なものが目の周りに溜まっていては、このサプリメントの主要成分でもある「アントシアニン」も「ルテイン」も現場で活躍できないのではないでしょうか。

 

パソコンやスマホを毎日使い続けている以上、アントシアニンもルテインも目の健康のために飲んでおく方がいいことは間違いありません。

 

ただ、それだけでなかなか目の疲労感が改善されないようでしたら、あずきのチカラも一緒に試してみてはいかがでしょうか。
気持ちいいですよ!

 

目の運動もしたいけど・・・

 

目の疲れだけではなく、視力の低下が気になる場合は目の運動も併せてするといいようです。
医学博士の日比野佐和子さんの「日めくり まいにち、眼トレ」を作業用デスクに設置しました。

 

まいにち眼トレ画像

 

どれも簡単なトレーニングばかりですが、私はなかなか継続できていません。

 

しかしこのトレーニング、目の疲れが酷い時にやると、疲れが少しやわらぎます。
しかも、ちゃんと毎日やれば近視・遠視・老眼にもいいのだとか。

 

これからは毎日眼トレもやりたいと思います。
(この決意は既に4度目ですが・・・)

 

0.03と0.04の視力では、裸眼でこのカレンダーを見ることすらままなりませんが、これ以上の視力の低下を防ぐ為にも。
※この眼トレはメガネをかけたままでもできます。

 

まとめ

 

目の周囲の血流が悪くなっていると、疲れがなかなか抜けにくくなります。
筋肉の硬直や血行不良は、目を支えるために必要な栄養が運搬されにくくなります。

 

温める方法やマッサージするなど、あなたに合った方法でサラサラ〜って流してみてはいかがでしょうか。

 

併せて、眼科医や専門家が出版している目の運動もしてみるといいですよね。
継続できればですが・・・

 

もちろん、リフレのブルーベリー&ルテインは1日も欠かさず飲んでいますよ。


リフレのブルーベリー&ルテインをもっと詳しく